引越しで運気を上げることはできます。

ただ、いつどこに引越しても開運できるというわけではなく、風水的に良い方位や引越し日がありますし、引越し先で避けるべき環境などもあります。

また引越しの前後にやったほうがいいこともあるので、ここで確認しておきましょう。

 

▼その他の風水開運記事はこちら▼
風水開運まとめ

風水の吉方位

風水的に運のいい方位というものがあります。

それが吉方位ですね。

どうせ引越すなら吉方位を選んで、開運しましょう。

二人以上で引越す場合、吉方位は人によって違うので、一体どの方位を見ればいいのか迷うかもしれません。

その場合、世帯主の吉方位を優先してください。

吉方位はこちらの吉方位計算機で調べられますよ。

風水で引越しに良い日

吉方位がわかったところで引越しに良い日も見ておきましょう。

代表的なものが以下の日です。

天赦日(てんしゃび)

天がすべての罪を赦す(ゆるす)日のことで、何をするにも良い日とされます。

>>>天赦日を確認する

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒のもみが何倍にも増えると言われる日のことで、何を始めても良い日とされます。

>>>一粒万倍日を確認する

天赦日や一粒万倍日以外にも、大安が一日を通して縁起の良い日とされます。

風水で引越し先を見る

引越し先の土地や家を見る時、風水の点から注意すべきことがいくつかあるので確認しておきましょう。

第一印象を重視する

引越し先の土地や家を見に行った時、「ここ何だかいいかも」と良い印象を受けたら、そこは良い運気を持っています。

逆に「何だか嫌な気がする」と思ったら、あなたとは合わないので避けたほうがいいでしょう。

自分の直感を信じるということですね。

そして一度だけでなく、何度か時間を変えて見に行くことも大切です。

午前中に行った時に、静かでいい所だと思ったとしても、夜になったら街灯が少なくて怖そうな雰囲気だということもあるかもしれません。

そのように朝と夜では雰囲気が違ったりするので、時間を変えて何度か下見に行き、自分の肌や視覚で感じ取ってください。

また土地にはエネルギーがあるので、その場にいるだけで元気になれるような活気のある場所が風水的にいいところです。

さびれていて暗い感じがする場所は避けましょう。

土地の形を見る

風水では土地の形は真四角に近ければ近いほどよいとされ、三角形の土地はよくないとされます。

三角形は「死」を表すからなんですね。

ですから土地を購入する時は三角形の土地は避け、真四角かそれに近い形の土地を選びましょう。 

形殺を避ける

形殺(けいさつ)とは建物や物の形が発する殺気のことです。

形殺は住む人に悪影響を及ぼすと言われているので、避けたほうがいいでしょう。

形殺は以下の6つです。

1. 飛刀殺(ひじんさつ)

隣の建物の角や尖ったものが自宅を向いていること。

八卦鏡をドアに掛けるか、生け垣を作ることで対処できます。

2. 天斬殺(てんざんさつ)

二つのビルの隙間の正面に家があること。

玄関を植え込みで隠し、窓があるならカーテンを掛けることで対処できます。

3. 四害殺(しがいさつ)

四方を高いビルで囲まれていること。

対処しづらいので、避けてください。

4. 頂心殺(ちょうしんさつ)

玄関の前に視界を遮る大木や電柱があること。

八卦鏡を掛けるか、庭に大きな木を植えることで対処できます。

5. 丁字路口(ていじろこう)

丁字路の突き当りに家があること。

ドアに八卦鏡を掛けることで対処できます。

6. 反弓殺(はんきゅうさつ)

弓なりのカーブの外側に家があること。

ドアに八卦鏡をかけることで対処できます。

このように四害殺以外は八卦鏡などで対処できますが、どうせなら最初から良い運気の家に引越したいですね。

周囲の環境を見る

引越し先の周囲の環境も大切です。

近くに駅やスーパーなどがあると便利ですよね。

しかしそれ以上に「ない」ほうがいいものもあります。

それがこちら。

お墓、火葬場、神社・寺、病院、刑務所、変電所、高電圧線、ゴミ置き場、ガソリンスタンド

これらはみな縁起のよくないものであり、近くにあると悪い気を呼び込みやすくなります。

お墓や火葬場は「死」に関わる施設なので、誰もが避けたいでしょう。隣にあって嬉しい人はいないと思います。

神社やお寺は意外かもしれませんね。

パワースポットとして有名な所もありますし。

しかしパワーのある場所の近くには必ず悪い気を持つ場所があるのです。

ですから神社やお寺のすぐ隣や、真裏にある土地や家は避けたほうがいいでしょう。

またゴミ置き場が家のすぐ前にあったら便利と思うかもしれませんが、ゴミの発する悪い気が玄関から入ってきます。

しかもゴミの前を通るたびに、ゴミの持つ陰の気を吸収することになるので、ゴミ置き場がすぐ前にあるのもよくありません。

他にも川がすぐ目の前にある家やマンションの一階、玄関が北向きで薄暗い家は湿気がたまりやすく、気がよどみやすいので避けたほうがいいでしょう。

気がよどむと陰の気が強くなり、健康運が落ちてしまうからです。

また目の前に高速道路がある家も要注意です。

家の中に流れる気が高速道路によって切られてしまうので、家全体の運気が下がってしまうのです。

その他、玄関を入った直線上に窓やベランダがある間取りの家は、風水では「漏財宅」と言い、玄関から入ってきた良い気が外に漏れてしまいます。

漏財宅に住んでいると、金運における運気が漏れるんですよ。

新築するならそのような間取りは避けるか、マンションなどで変えられないなら、窓にカーテンを掛けて良い気を外に漏らさないようにしましょう。

家や土地を買う時は心身の状態がいい時にする

風水では新たな運気は変化によって生じると考えられているため、結婚や昇進など良い意味で環境が変化する時に家を買うと、良い運気を得られます。

逆に心身の状態が良くない時に買うと、良くない気を発している土地や家に引き寄せられてしまいます。

それは風水には「同質結集」という法則があるため、同じ質のものが集まるからなんですね。

引越し前に不用品を処分する

風水では不用品は「命のないもの」とみなします。

そして古いものからは良い気を得ることができません。

家の中に不用品や古いものがたくさんあると、新しい運が入ってこず、そこで暮らす人の運も下がってしまいます

引越しで開運したいなら、まずはそれら運を下げるものを処分しましょう。

捨てるのがもったいないなら、インターネットなどで売ってはどうでしょうか。

その結果、お小遣いも手に入るし、運ぶ荷物が少なくなって、引越し費用も抑えられますよね。

ネット上で売るならメルカリが有名ですが、個人とのやり取りが不安で面倒な人もいると思います。

そんな場合は出張買取を頼む方法もありますよ。

出張買取をしてくれる会社で有名なのが、テレビCMでもおなじみの【バイセル】です。

査定は無料なのでまずは相談してみてはいかがでしょうか。

でもどうしても売ることも捨てることもできず、とりあえずダンボールに詰めておく、ということはやめましょう。

引越し前に使っていなかったものは、引越し先でも使いません。

いつか使うかもって?

いつかは来ません ( ・`ω・´)キリッ

引越し当日に掃除する

引越し先が新居でないならば、前に住んでいた人の気が残っています。

というのも、家はそこに住んでいる人の気を覚える性質があるからです。

もし運の悪い人が住んでいたら、その気を引き継ぐことになるので、掃除して気を浄化しましょう。

また、トイレや浴室などの水まわりには前の住人の金運がそのまま宿っているので、新しい設備に換えることをおすすめします。

新居の場合も家の中を良い気で満たすために、荷物を運び入れる前に掃除しましょう。

特に床と壁はくまなく重曹水で水拭きするといいですよ。

まとめ

風水を利用すれば、引越しで開運できます。

引越しは単に住空間を移動するだけではなく、引越し先の土地の持つエネルギーの影響も受けるので、慎重に選ぶのが大切です。

ですからまずはその土地に行って、明るい気持ちになれるか、嫌な感じがしないか見てみましょう。

周囲に縁起の良くない施設がないかも確かめて、さびれていたり、殺伐としている所、すさんだ雰囲気が漂っている所は避けてくださいね。