通帳

お金を貯めたり引き出したりするのに使う通帳は、金運にも大きく関わっています。

使い方によって、お金が増えやすくもなれば、増えにくくもなるのです。

風水的に良い保管場所がありますし、お金が貯まる通帳ケースの色もあります。

新しく口座を開くなら、最初に入れると良い金額もあるんですよ。

せっかくならお金が貯まる使い方をしたいものですね。

いらなくなった通帳の処分方法も合わせてご紹介します。

お金が貯まる通帳

通帳ケースの色や通帳の使い方で、お金が貯まるかどうかが変わってきます。まずは通帳ケースの色から見ていきましょう。

通帳ケースの色

まずはおすすめの通帳ケースの色です。

黒は今の金運を守るという力が強い色です。

お金を増やすというより守る色なので、今の貯金を減らしたくないなら、黒を選びましょう。

茶色

茶色は「土」の色なので、生み出す力、貯める力を持っています。色が濃ければ濃いほど貯める力が強まります。

ベージュ

ベージュも「土」の色なので生み出す力があり、堅実にお金を貯める効果が期待できます。

グリーン

緑には「再生する」という意味があり、出ていったお金が戻ってくるとされます。

また「堅実」という意味もあるため、着実にお金を増やせます。

ラベンダー

ラベンダー色には厄落としの効果があります。お金についた悪い気を浄化し、お金が入ってきやすくなります。

次におすすめできない色です。

黄色

黄色はお金が入ってきますが、それ以上に出ていくお金も多くなります。

赤は「火」の色なので、金運を燃やしてしまいます。

オレンジ

オレンジは赤ほど強い力はありませんが、「火」の色なので避けたほうがいいでしょう。

以上から、今の金運を守りたいなら黒、お金を貯めたいなら茶色やベージュ、グリーンを選ぶといいですね。

通帳記帳は増えている時に

通帳の記帳はお金を引き出した時にしている人が多いのではないでしょうか。

しかしお金が減った時に記帳すると、お金は仲間が減っていくように感じ、自分も早く逃げていこうとするそうです。

お金は増えていくという感覚が好きなので、増えている時に記帳すると、お金自身「増えている」と感じて、お金は増えやすくなるそうですよ。

ですから記帳は給料日など、入金があった直後にするのがおすすめです。

お金が減った時に記帳するのと、お金が増えた時に記帳するのでは、気分も違いますよね。

「また減った」とがっかりしながら通帳を眺めていては、金運も下がるだけです。

貯蓄用と引き出し用の通帳は分ける

貯めるのも引き出すのも同じ通帳という人もいると思います。

しかし一緒にしていると、生活費の引き出しや公共料金の引き落としなどで、減る動きが多いため、お金が増えにくくなります。

お金を貯めたいなら、入金するだけの口座を作りましょう。

生活費用の口座から余裕のあるお金を引き出して、貯蓄専用の口座に定期的に入金するようにすれば、お金は貯まりやすくなります。

貯蓄用の通帳は一つにする

学費用や旅行用などと目的別にいくつも通帳を分けていると、一つの通帳に入るお金が少なくなり、お金が増えにくくなります。

貯蓄用の通帳は一つにまとめたほうが、大きなお金が貯まりやすくなりますよ。

ついでに言えば、「何かあった時のために」「万が一の時のために」と思いながら貯金するのはおすすめできません。

「何かあった時のため」「万が一の時のため」という目的をお金が果たそうとして、そういう状況を引き寄せてしまうからです。

車が壊れたり、電化製品が壊れたり、入院しなければならなくなったりと、本当にお金が必要になることが起きるのです。

「海外旅行に行くために」「老後を豊かに楽しく暮らすために」などのように、楽しい目的を持って貯金すれば、お金にも伝わって実現できるでしょう。

通帳に最初に入れる金額

新規に口座を開いて通帳を作る時、最初に入れたほうがいい金額があります。それが115円です。

115というのは風水大開運数字とされ、「天下を取る」という意味があります。

115円から貯金を始めると、天下が取れるくらいのお金が貯まると風水では考えます。

貯金箱に最初に入れる金額も115円にするといいですよ。

口座の開設に良い日

新しく口座を開くのに良い日は、一粒万倍日と天赦日です。

口座の開設以外にも入籍や引越しなど、新しいことを始めたり、財布や宝くじを買うのに良い日です。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは、一粒のもみが万倍にもなって実るという日で、何事を始めるにも良い日のこと。

天赦日(てんしゃび)とは天がすべての罪を許すという最大の吉日で、新しいことを始めたり、挑戦するのに良い日のこと。

一粒万倍日は年に60日ぐらいありますが、天赦日は年に数日しかありません。

縁起の良さではどちらもあまり変わらないので、カレンダーを見て都合の良い日を選ぶといいですね。

風水的に良い通帳の保管場所とだめな場所

お金は暗くて静かな場所を好むため、北側が通帳の保管場所に適しています。

お金は西から来て、北で貯まると言われるように、北は貯蓄運を司っているので、通帳以外にもへそくりなどのお金に関するものを置いておくのにピッタリ!

箱やタンスの引き出しの中に入れて保管してください。箱は木箱が最適です。

よくあるプラスチック製品は「火」の気を持つため、避けてください。「火」の気は金運と相性が良くなく、金運を燃やしてしまうからです。

また、通帳はむき出しのまま保管せず、きちんと通帳ケースに入れましょう。

通帳ケースは銀行からもらったビニールのケースに入れている人も多いと思いますが、ビニールも「火」の気を持つため、やめたほうがいいですね。

通帳ケースは革や布でできたものがおすすめですよ。革でも合成皮革は良くないので避けてくださいね。

反対に通帳を置くと良くないのはキッチンです。

キッチンは「火」の気がある場所なので、通帳や財布と相性が良くないのです。

その他、日当たりが強い場所に置くのもやめましょう。

通帳を持ち歩くのはだめ

バッグ

通帳をタンスなどに保管せず、バッグに入れていつも持ち歩いている人もいますよね。

しかし、バッグは「動」の気を持つため、通帳を入れっぱなしにしていると、お金が出ていきやすくなり、金運が下がる元です。

財布も同様です。家に帰ったらバッグから出して、北側に保管しましょう。

古い通帳の処分・保管方法

新しい通帳への繰り越しや解約などで使わなくなった通帳は、いつまでも取っておかず処分しましょう。

可燃ごみとして捨てていいのですが、口座番号などがわからないように、細かく切るかシュレッダーにかけて捨てるのがおすすめです。

残高がほとんどなく、出し入れもしていないような口座は解約したほうがいいでしょう。

お金が貯まらない金運の悪い口座も解約するといいですね。

金運の悪い口座の通帳は、最終ページに縦にはさみを入れてから、シュレッダーにかけてください。

古い通帳でも、入出金の確認などのために取っておく必要があるかもしれません。

その場合、現在使っている通帳と一緒にしまってはいけません。

古い通帳は止まったものなので、現在の通帳と一緒に置いていると、運気が下がってしまいます。

使わない通帳と使っている通帳は別々に保管しましょう。

まとめ

お金が貯まる通帳ケースの色や通帳の使い方、置くと良い場所、通帳の処分方法などをご紹介しました。

お金を貯めたいなら、茶色やベージュなどの通帳ケースを選び、貯蓄専用の通帳を作るのがおすすめです。

保管は北側のタンスなどに入れ、キッチンは避けましょう。

そして使わなくなった通帳は早めに処分したほうがいいですね。

▼その他の金運風水▼
風水で金運を上げる簡単な方法まとめ!すぐに実践できる!