寝室は風水では重要とされている場所です。

人生の約3分の1を過ごすのですから、何の影響も受けないはずがありませんよね。

人は寝ている間に悪い気を浄化し、新たな運気を吸収するのです。

そのため寝室はきれいにし、きちんと整えることが大切です。

こちらで方角別のおすすめインテリアや枕の方位別運勢などをご紹介しますので、運気の良い寝室を目指しましょう!

▼その他の部屋別風水▼
風水による部屋別開運法!基本・おすすめのインテリア・NG

寝室風水の基本

まずは寝室風水の基本をご紹介します。

カーテン

寝室のカーテンは2重にするのが大切です。

1枚だと良い気が逃げることがありますし、世間とのつながりが強くなりすぎます。

そのためレースのカーテンと厚手のカーテンの2枚かけましょう。

レースのカーテンには縁の運気を循環しやすくする効果もあります。

ベッド

ベッドをドアの正面に置いていると、ドアから入ってきた気とぶつかります。

また、気の出入りが激しい窓のそばにベッドを置くのもよくありません。

寝具は肌触りのいいものにし、いつも清潔にしておくと良い眠りにつながります。

▼関連記事▼
寝るだけで開運!風水で寝室に良いベッドの位置やベッドカバー

花・観葉植物

人は寝ている間に周囲の気を吸収します。

特に朝起きてすぐに見るものから多くの運気を吸収するので、ベッドサイドに花を飾るのがおすすめです。

花は必ず生気のあるものにし、ドライフラワーなどの「死んだもの」は避けてください

また、観葉植物も運気を上げてくれるのでおすすめ!

寝室に置くといい観葉植物はモンステラやサンスベリアなど。気を浄化して、癒やしの効果があります。

鏡に自分が寝ている姿が映ると、鏡の中の自分に気を吸われ、運気が落ちてしまいます。

寝姿が映らないように鏡の位置を変えるか、布をかぶせましょう。

ライト

真っ暗でないと眠れないという人も多いと思いますが、真っ暗な中で眠ると気の流れが止まり、運気の吸収が滞ります。

豆電球やフットライトなどの小さな明かりはつけておきましょう。

目覚まし時計

けたたましい音で目覚めると、運気が落ちてしまいます。

毎朝ビクッとして目覚めるより、心地よく目覚めたほうが朝から気分も良いはずですよね(とはいえ、私は毎朝ビクッのほうですが)。

寝室の方角別インテリア風水

次に寝室の方角別おすすめインテリアをご紹介します。

北から順番に見ていきましょう。

水の気を持つ方位です。

北の寝室は冷えやすいので、防寒対策を十分に。

インテリアは暖色系の温かみの感じられる雰囲気にするといいでしょう。

ふわふわの抱きまくらと一緒に眠るのもおすすめです。

北東

土の気を持つ方位です。

北東の気は不浄を嫌うので、いつもきれいにしておくことが大切です。

特に空気が汚れていると運気が落ちるので、空気清浄機を置くのがおすすめ!

インテリアは清潔感のある白系で統一しましょう。

木の気を持つ方位です。

肌に触れるものから運気を吸収するので、寝具は肌触りのいい天然素材のものがおすすめです。

東は時をつかさどる方位でもあるので、時計は正確に合わせておきましょう。

東南

木と風の気を持つ方位です。

東南の寝室は風通しと香りが大切なので、毎朝必ず換気をしましょう。

寝具もリネンなどの風通しの良い素材を選んでください。

アロマディフューザーなどで良い香りを漂わせるのもおすすめです。

火の気を持つ方位です。

南の寝室はセンスの良いインテリアがおすすめ!

またこの方位は電磁波の影響を受けやすいので、眠る30分前にはテレビやパソコンを消すといいですよ。

南西

土の気を持つ方位です。

インテリアは統一感をもたせるのがおすすめ!

南西の寝室は低い場所に運気があるので、ベッドは低いものを選ぶといいでしょう。

西

金の気を持つ方位です。

西は豊かさを表す方位なので、家具や寝具は豊かさを感じさせる上品なものがおすすめ!

パジャマや寝具はシルクが幸運を呼んでくれます。

遊び心を取り入れたクッションなどを置くのも運気を上げてくれますよ。

北西

金の気を持つ方位です。

北西の寝室は高級感のあるインテリアがおすすめ!

特に肌に直接触れる寝具は肌触りのいい上質なものを選んでください。

時計などの雑貨も安っぽいものは避けましょう。

風水で見る枕の方位別運勢

寝室で一番重要なのは枕の向きです。どの向きで寝るかによって得られる運も違います。

北枕

北枕は縁起が悪いとよく言われますが、風水では一番良い方角です。

気は北から南へと流れていくので、頭から吸収した気が足から抜けていくという理想的な形で気を吸収できるからです。

そして精神的に落ち着き、安眠できる位置です。

また、水の方位である北に頭を向けると頭寒足熱になるため、健康運も上がるという効果もありますよ。

東枕

日が昇る方位なので、上昇の気を受けられます。

成長期の子どもや出世したい人におすすめの位置です。

西枕

日が沈む方位なので、暮れていく気を受けることになり、老けやすくなります。

そのため、子どもや若い人には向いていませんが、落ち着きを与えてくれよく眠れる方位なので、病気の人や年配の人におすすめです。

南枕

風水では最も良くない方角です。

南は火の気を持っているので、イライラしやすくなったりお金がなくなるとされます。

また、北枕と逆で足が冷えるので、健康運も下がります。

寝室の開運掃除

寝室を運の良い場所にするためには、きれいに掃除することも大切です。

開運に役立つ寝室掃除をご紹介しますね。

換気する

朝起きたらまず窓を開けて換気しましょう。

換気することで空気を浄化し、運気の流れを良くしてくれます。

余計なものは置かない

寝室がごちゃごちゃしていると、その気が寝ている間に体の中に入ってきてしまいます。

ですから寝室にはできるだけものを置かないのが一番です。

また、寝室の収納は扉付きの収納家具で隠すのが基本ですが、タンスの上にさらに収納の箱や荷物を置いていませんか?

すると「地震が来たら落ちてくる」という危機感を無意識のうちに覚えて、安眠できないだけでなく、運気にも負担をかけます。

別の所に収納するか、不要であれば捨ててください。

ベッドの下も掃除する

ベッドの下はあまり掃除することはないという人もいるのではないでしょうか。

しかしベッドの下はホコリがたまりやすく、ホコリがたまったままにしておくと、運の吸収や再生が滞ります。

ベッドの下は自分の運気を貯めておく場所でもあるので、こまめに掃除機をかけるようにしましょう。

まとめ

風水では寝室はただ寝るだけの場所ではなく、新たな運気を吸収する場所なので、きれいに整えておくことが大切です。

そしてできるだけものを置かないほうが目に入る情報が少なく、睡眠に集中しやすい環境になります。

枕カバーやシーツ、布団カバーなどもこまめに洗うと、いい眠りにつながりますよ!

ぐっすりと眠って心地よく目覚めれば、1日を気持ちよく始めることができますよね。

▼こちらの記事もどうぞ▼
寝室風水のNGまとめ!やってはいけない・置いてはいけない物は?